コラーゲンを摂取してモッチモッチお肌!健康体になりましょう!

コラーゲンはあなたのパートナー FOOD RECIPE
コラーゲン メニュー

トップページ

コラーゲンのあれこれ

お肌とコラーゲン

コラーゲンの種類

コラーゲンの摂取量


 

 

コラーゲンの摂取量

1日に必要なコラーゲンの摂取量

コラーゲンの摂取量は1日に約3~10g摂取することが望ましいとされています。魚の頭や鶏の皮などは20~80%程度がコラーゲンです。また、お肌のためのコラーゲンの摂取量は1日3~5gの摂取量が理想とされています。コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ることで正常なコラーゲンがつくられ、ハリのあるみずみずしいお肌を保つことができ、さらに日焼けによるしみやそばかすを防ぎ、美白効果も期待できます。肉や魚の骨と皮、牛すじ、貝類、ブロッコリーやイチゴ、ほうれんそうなどの野菜類や果物に多く含まれていますので、1日に必要なコラーゲンの摂取量を考え、意識してコラーゲンを多く含む食品を摂取していきましょう。

コラーゲンは食事から

コラーゲンは真皮の主成分でハリと弾力のある美しいお肌づくりのために重要な働きをします。コラーゲンの化粧品など外部から摂取しようとしても、コラーゲンは肌から直接吸収することはないといわれています。人間の体は毎日新陳代謝により合成と分解を繰り返しています。コラーゲンも毎日補給してあげることが必要です。美容と健康のために1日に必要な摂取量のコラーゲンを食事やサプリメントから摂取するようにしましょう。また、コラーゲンは体内で分解されて吸収されます。食事やサプリメントから摂取されたコラーゲンはアミノ酸というカタチだけでなく、ペプチドというカタチで吸収されます。ペプチドの状態の方がより早く吸収されるといわれています。コラーゲンドリンクやコラーゲン配合の化粧品を通販で買っている方もいると思いますが、やはり一番は食事です。

効率よく生成するには食べあわせが肝心

コラーゲンは、豚バラ肉、牛すじ肉、鶏皮、鶏手羽、鶏なんこつ、うなぎ、カレイなどに多く含まれています。鶏肉や豚肉、カレイの煮汁がゼリーのように固まって煮こごりになるのはご存じの通り。このゼラチン質こそがコラーゲンなのです。食品からとったコラーゲンは、体内で新しいコラーゲン生成の材料になりますが、このとき必要なのがビタミンC。さらにビタミンCはコラーゲンの維持にも必要な成分です。ピーマン、トマト、キャベツ、ししとうがらしなど、ビタミンCの多い野菜と組み合わせると効率よし。おすすめはレモン汁。その香りで素材のクセや匂いをカバーしながら、ビタミンCをプラスしてくれます。

ヒアルロン酸の摂取量

コラーゲンとともに摂取した方がいいとされているヒアルロン酸。ヒアルロン酸の1日の摂取量はどのくらいでしょうか?ヒアルロン酸の1日の摂取量は20~40代で250~400mg、40代からは400mg以上が必要とされています。ヒアルロン酸を食べ物から摂取しようとすると、ふかひれや魚の目玉、鶏のトサカ、鮫の軟骨など手に入りにくい食べ物から摂取しなければなりません。食品からだとなかなか必要な摂取量をとることは難しいでしょう。現在はヒアルロン酸のサプリメントが数多く出ています。コラーゲンとともにお肌にとって重要な働きをするヒアルロン酸も摂取量を目安にしてきちんと摂取し、うるおいのあるお肌を保ちましょう。

check


教習所 合宿


2020/3/12 更新

Copyright c 2008 コラーゲンはあなたのパートナー FOOD RECIPE. All Rights Reserved.